歳を取ったら、喉が乾いてからの水分摂取では遅い

立ち仕事をした後に、足が腫れるのはどうしてだろう?

歳を取ると、髪が薄くなるのはどうしてだろう?

夏だというのに、手足が冷えるのはどうしてだろう?

これらは、いずれも血液が関係しています。

モノが下に落ちるのは重力が関係しているから、立ちっぱなしだと血液は心臓より下部に集まり易いため足は腫れる。

下部に集まっているのだから、足が腫れてしまった時は、足を心臓より高く上げて寝れば良い。

髪が薄くなるのは、頭部が心臓より高い位置にあるから。

心臓より高いところへ血液を運ぶには重力に逆らう必要があり、心臓にとっては大きな負担。

髪の栄養は血液によって運ばれるため、髪が抜けてしまえば心臓の負担は軽減されます。

心臓の負担を軽減させなくてはならない事情があるのですから、単に髪が抜けるだけではなく、

何らかの疾患が潜んでいる場合があるため、髪が抜け始めたら注意が必要です。

手足は心臓より遠い場所にあるため、血液を送るのは大変なこと。

重いモノを持つと血管が太くなるように活動をするには血液が不可欠、手足が冷えるというのは活動するのに必要な血液が不足をしているということ。

チューブ入りの調味料が不足をすると、チューブを振り残っている調味料を一箇所に集めるように、

手足に冷えを感じたら、血液が届くように手足をブルブル震わせてみると良いです。

皮膚の水分が不足をすると、潤いが無くなってしまいます。

皮膚に水分を届けるのは血液、しかし、血液がドロドロでは太い血管は通れても細い血管までは通れない。

入浴後に肌がカサつくのは体内の水分不足、そのため、入浴後にまずすべきことは水分補給、肌に保水液を塗るのは水分補給の後。

入浴後に肌がカサつくのは水分不足を示すシグナル、高齢により髪が抜けるのは頭部まで十分な血液が届いていないことを示すシグナル。

このシグナルを無視すれば重篤な症状を引き起こすため見逃さないようにしましょう。

歳を取ると運動神経が鈍るように感度も鈍る、若い頃と比べ歳を取ると喉の乾きを感じる感度も鈍るため、

歳を取ったら喉が渇いてから水分補給をするようでは遅く、定期的に水分補給をしましょう。
デリケートゾーンのムダ毛処理はこれ以外いらない!