辛さを乗り越えた先にわたしが見つけたスキンケア

肌のためになることをできるだけやると決めて3年が経とうとしています。子育てが一段落してようやく自由な時間を持つことが出来たときいの一番にやりたいと思ったことがスキンケアでした。

何でもいいからやってみたい!という欲求がわき上がってきてわたしが選んだのが汗をかくことでした。

実は汗を出したいと思った理由はスキンケアになるからというだけじゃありませんでした。

当時更年期障害が辛くて全てに絶望して食べることもままならない状態だったためガリガリにやせこけていたんです。

ガリガリになっていたのも3年間くらいだったと思います。

通院して更年期障害と判断され漢方薬やいろんな薬を飲んだのにイライラは解決せず胃がキリキリ痛んで食事が美味しくなかった・・・

とても辛い状態がしばらく続いていました。

その当時当たり前ですが肌の状態が悪かったんですね・・・。

シワが増えてシミが増えて本当に泣きたくなるような肌の状態で一気に老けた印象に変わってしまいました。

肌の状態が悪くなっただけでこれだけ人間は変わるんだ!と身を持って体感したのです。

当時は時間的余裕も金銭的余裕もなかったので通院治療以外なにもすることが出来ず嵐が過ぎ去るのを小さくなって待っていました。

更年期障害がラクになってから食欲が出てきて食べられるようになり、体重が増えましたが元気になって若々しくなりました。

それで汗をかくことが出来るホットヨガに通い始めたのです。

体力が無い時期は自宅のお風呂で半身浴をして汗を出していましたが、いろんな人と一緒に汗を出せるスポーツは素晴らしく達成感も感じます。

ホットヨガスタジオにはわたしと同年代くらいの男女がたくさんいて、話してみるとみんなわたしと同じような辛さをそれなりに経験していることが分かりそれが励みにもなりました。

ホットヨガを始めてから汗がたくさん出るようになって透明感を感じる肌になり最高の気分ですし最高のスキンケアだと思っています。
【話題の除毛クリーム】触れていたい血色感あるツヤ肌に!

吹きでもの予防は、指で肌に触れないように心がける

あなたは、ニキビや吹き出ものの原因は何かご存知ですか?

ニキビができる年齢ではありませんが、ニキビ、吹き出物も大人ニキビというものがあります。

大人がニキビに悩まされてしまうのは、ホルモンの影響だったり、食生活の乱れ、社会生活でのストレスということがあります。

他にも美容面からみた注意点が、指で肌に触れることというのもあります。

これは、指先、指の腹で顔の肌に触れてしまうことで、肌表面に雑菌がついてしまう為です。

吹き出物は指で顔の肌には触れないようにしましょう!

美容業界で働いている方はもう身についている方が多いようですが、急に顔が痒いとき、指先や指の腹を使用して掻いてしまうということはよくありますが、

これは絶対にしないように注意しているつもりです。

もしも、顔の肌が痒い時には、指の背の部分を使って、かくようにします。指や手のひらよりも、手に甲の方が清潔であると考えられているからです。

鼻がかゆい、目がかゆいときも同様です。指の先は雑菌だらけ、肌に雑菌をこすりつけることのなうようにしています。

できてしまったニキビ、吹き出物対策は慎重に対処しないといけません。

万が一、できてしまったニキビ、吹き出物対策として、洗顔に取り組む、皮膚科へいく。

あるいは、サプリメントを飲むという対応が思いつきますが、雑菌によるニキビは洗顔で清潔に保つことが一番よいように思います。

白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビと、ニキビの状態がひどくなる前に予防するようにしています。

時にはニキビに触れないようにする目的から、肌色のテープを患部に貼っておいたりすることも。

また、甘い食べ物を控えてストレスフリーを心得ると良いかもしれません。

女性というもの、甘い食べ物は心の栄養にもなり得るうえ、つい手が出てしまうものです。

ココア、カフェオレに砂糖を入れてというように。でも、甘いお菓子、飲料は夏場は控えておいて、冬の寒い時期に限り口にするようにしています。

冬の寒い時期であれば、エネルギーに代わりや付いからです。 ニキビの大敵はストレス、誤った食生活、雑菌、ホルモンなどですから、それらに注意しながら治していくようにします。
portabellasrestaurant.com

歳を取ったら、喉が乾いてからの水分摂取では遅い

立ち仕事をした後に、足が腫れるのはどうしてだろう?

歳を取ると、髪が薄くなるのはどうしてだろう?

夏だというのに、手足が冷えるのはどうしてだろう?

これらは、いずれも血液が関係しています。

モノが下に落ちるのは重力が関係しているから、立ちっぱなしだと血液は心臓より下部に集まり易いため足は腫れる。

下部に集まっているのだから、足が腫れてしまった時は、足を心臓より高く上げて寝れば良い。

髪が薄くなるのは、頭部が心臓より高い位置にあるから。

心臓より高いところへ血液を運ぶには重力に逆らう必要があり、心臓にとっては大きな負担。

髪の栄養は血液によって運ばれるため、髪が抜けてしまえば心臓の負担は軽減されます。

心臓の負担を軽減させなくてはならない事情があるのですから、単に髪が抜けるだけではなく、

何らかの疾患が潜んでいる場合があるため、髪が抜け始めたら注意が必要です。

手足は心臓より遠い場所にあるため、血液を送るのは大変なこと。

重いモノを持つと血管が太くなるように活動をするには血液が不可欠、手足が冷えるというのは活動するのに必要な血液が不足をしているということ。

チューブ入りの調味料が不足をすると、チューブを振り残っている調味料を一箇所に集めるように、

手足に冷えを感じたら、血液が届くように手足をブルブル震わせてみると良いです。

皮膚の水分が不足をすると、潤いが無くなってしまいます。

皮膚に水分を届けるのは血液、しかし、血液がドロドロでは太い血管は通れても細い血管までは通れない。

入浴後に肌がカサつくのは体内の水分不足、そのため、入浴後にまずすべきことは水分補給、肌に保水液を塗るのは水分補給の後。

入浴後に肌がカサつくのは水分不足を示すシグナル、高齢により髪が抜けるのは頭部まで十分な血液が届いていないことを示すシグナル。

このシグナルを無視すれば重篤な症状を引き起こすため見逃さないようにしましょう。

歳を取ると運動神経が鈍るように感度も鈍る、若い頃と比べ歳を取ると喉の乾きを感じる感度も鈍るため、

歳を取ったら喉が渇いてから水分補給をするようでは遅く、定期的に水分補給をしましょう。
デリケートゾーンのムダ毛処理はこれ以外いらない!